スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸君、臆するなよ……


ガンプラ関連に最近は触れてすらいないけど更新しやす

の前にリンク巡回


・クロウのガンプラ製作日記様 [S.H.F 仮面ライダージョーカー]

・GNは月光蝶!!様 [オリジナルエクストリームガンダム]

以上を更新されております



そんなわけでどんなわけで!

本日は私の自慢の「聞きかじりの知識(ぇ」を披露するとしましょう


※聞きかじりな上に、自分で勝手に解釈している部分もありますのであまり信用しないように!




「塗装するorエナメルでスミ入れするとパーツが割れる」

プラモを作る方(主にガンプラ)なら良く聞くor経験された人も多いのではないでしょうか

ABSなんかでは良く割れますよね


と言うのも、プラモ用塗料の溶剤には表面のプラを多少ながらも侵すことで定着するわけなんですが

そうなることでプラが脆くなってしまうのです

(アクリル油性(ラッカー系)塗料の塗膜が強いのはプラを侵す成分が強いから、と自分なりに解釈しています)


最近のガンプラはスナップフィットですよね?

凹に凸を差し込まれていることで、プラに力が加わっている状態になります

その上からスミ入れなんかすると、アッー!ってなってしまうわけです

簡単に説明するならば、1vs1の決闘の最中にいきなり不意打ちを喰らったようなものですね



さて、パーツが割れてしまう仕組みを非常に分かりづらく説明したところで対処編に移るとします


・パーツを組む前にスミ入れする

ピンやポリキャップを差し込んでいない状態なら、何も力は加わっていないので割れにくい、というわけです

もちろん100%ではありませんが……


・下地を塗装する

塗装する前にパーツにサフなどを吹いておくことで、プラが溶剤に侵蝕されるのをある程度防いでくれます

乾燥が早くて厚塗りになりにくいエアブラシを使用するのが理想ですね


・溶剤を使わず、オイルライターなど薄める

これはエナメルでのスミ入れに限った話(だと思う)ですが、市販のオイルライターなどで稀釈することで、普通にエナメル用溶剤を使うよりもかなり割れにくいようです(プロの方も大半がこれだとか)

溶剤のせいでパーツが侵蝕されるわけですから、その元を立ってしまえば良いわけですな


・クリップを挟む場所には注意する

これは筆塗りに限った話かもしれません

以前、ABSパーツを思いっきりクリップで挟んだ状態で筆塗りしたところ、パーツがボロボロに割れました

その他のパーツはピンで挟んでいたのが功を奏したのか、奇跡的に無傷

パーツに持ち手を付ける際はクリップより、パーツに力のかからない両面テープを私は奨めます……




とりあえずこんなところでしょうか

しつこいようですが上記の方法は[聞きかじりor自分で勝手に解釈]したものですので、利用する際は全て自己責任でお願い致します

「パーツ割れたぞゴルァ!」とか言われても私は責任とれませんのでご注意をw


それから、「もっと良い方法がある」「んなことしても無駄だぁーッ!」とかありましたら、参考にさせて頂きますのでコメント欄にどうぞお願いしますw


あ、ちなみに言い忘れていましたがこれが入試前最後の更新です

なぜなら入試が九日後まで迫っているのさ!

更新再開は早くて3月上旬頃ですね


それでは、アディオス!
スポンサーサイト
プロフィール

リノグレ

Author:リノグレ
DMP兼適合者のヌルヌルモデラー。
数年ぶりに突如復帰、まずはリハビリから始めていきます。

東方アクセスカウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
Twitter
リンク(敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。